オーストラリア在住猫の日常 もっふもふでも最近寒いのよ、変なぴゃーもいるのよ
| ログニャン |
2012年04月30日 (月) | みゃあ |
もう完治してすっかり良好な希ちゃんが左目を怪我したお話。
ツイッターでも書いたけど記事まとめ。


気づけば左目だけをずっと閉じていて、時折掻く仕草。
それに動揺(いつもより元気に走りまわる)しているような様子。
おめめ5向かって右

同居人に心当たりを聞いてみれば不注意でのんたん逃走→藪の中に逃げ込む。
怯えてなかなか出てこない。……という状況だったらしい。
その際に慌て過ぎて葉や枝で目を傷つけたのかな、と。
少し痛がってるようだったので翌朝すぐ獣医さんに電話して午前中に予約。
今回は避妊手術で散々な目にあった近所の獣医さんではなく少し遠いところへ。
普通の木造一軒家を改造したようなところ。

検査の結果、左目の表面(薄い膜)に大きな直径3mmほどの丸い傷を発見。
ライトを当てたら普通に目視可能なくらいの大きさです。
おめめ1こんな感じ
綿棒を目の端に突っ込んでバクテリアの検査もしてもらいました。
こちらは一般的な菌しか見つからずに感染症の可能性は低いとのこと。

緑色の染色液?を入れて傷をもう一度よく確認。
見た限りでは傷は浅く、目の中に異物混入の心配はなし。
念のために第三の瞼、瞬膜の裏も確認。ピンセットで摘まんで……ひぃぃ。

最後に洗浄はコンタクトレンズ洗う液でした。大きいボトル人間用。
ちょっとびっくりしたけど納得。

検査が終わって24時間効く痛み止めの注射をぶすっと。
だいたいは5日くらいで治る見込み…ただキズが大きいから時間はかかるかもしれない、と。


お薬は光さんも慣れてるペースト状の抗生物質、あとは目薬が二種類。
下の紙は猫の目の構造と目薬の投与の仕方が書いてある。
おめめ2英語
猫用の目薬は人間とは違ってこんなものを目に入れるのかと驚きました。
そのいち、ドロッとしたもの。直接目に落とす。
おめめ4柔め、感染予防
そのに、ペースト状のもの。目の端に少しのせて揉み込む。
おめめ3硬め、膜の保護
目薬は向かい合いに抱っこして左手で顔を抑えつつ目を広げてーという要領で。
あんがい慣れるものです。
ただ学習するのんたんからは抱っこする時に逃げられます。


希ちゃんは行きも帰りも車の中も病院でもうなうな鳴きっぱなし。
おめめ6新キャリー初使用
検査中は私にぴったりべったり、最後は体に登り始めて良い子でした。
目を直接弄られるのは人間でも怖いのによく耐えたよ…。
そんな治療中の和み。
希ちゃん、診察室に置いてたリアルサイズ猫の置物の背中に向かってフーーーシャーー!
……ってそれは本物じゃないよーと獣医さんと笑い合い。
内心、光さん以外の猫だとシャー!するのね、出来るのね。とちょっと感動。


そして目薬をさし始めてから左目の瞳孔が開きっぱなしに。眩しそう。
おめめ7どくがんぴゃー(左)
気になるのでお薬調べました。
ペースト状の目薬(Ilium Atropine)の主成分Atropine Sulfateが原因らしい。
そういや眼を検査・治療用と書いてある。
瞳孔を開かせて検査しやすいようにする効能もあるみたいです。
獣医さんが外の光が~って言ってたのはだからかー、とあとから納得…。
治療が終わって目薬をささなくなったら瞳孔も元に戻りました!
そしてぴゃーは元気にぴゃーーーー。

これからもずっと元気でいてね、怪我も病気もしないでね。
おめめ8おん・ざ・ぶた




++++++++++++++++++++++++++
最近めっきり寒くなりました。
ににゃんの距離も(寝てる時は)近づきつつあります。
おめめ9光さんの出番終わり
えっ…?

体重も微量ながらも減ってきました!!ちょびーっとずつ。
おめめ10クリックで拡大


そして、猫タワー。
手作りする予定だったんですが探しても見つけきれない部品があり……。
結局買いました。届きました!今さっき。
なので次回は猫タワー!(ツイッターでは実況投稿)
手作りはぼちぼちやろうと思います。
web拍手 by FC2
2012年03月05日 (月) | みゃあ |
出来るだけ精密に計りたい→赤ちゃん用の体重計使おう!という魂胆で購入。
それが届かないと嘆いた翌日に配達されるあるある。
英語だとBaby scaleとかInfant scaleと言います。
たいじゅうけい1なにこれなにこれ
思っていたより大きい…。

中身のパッケージはボロというか酷いというか…業者仕事しろ。

たいじゅうけい2…パチモン
これを見た途端にあやしい予感が満載……。
TOCEBAってなに、TOCEBAって。

本体にはキズとホコリと汚れが目立ちました。
よく拭いて綺麗に。
たいじゅうけい3トレイは良い
ボタンのところの作りがちゃちいです。


それでも使えたら問題ないということで切り込み隊長のんたん。
ビニール袋で遊んでいたところを捕獲して体重計の上に乗せてみる。
たいじゅうけい43.67kg
表示が0kgなのはリセットボタン押しちゃったから。

しかしこの体重計……少しでも動くとものすごく数値が動く…。
安定したら数値が止まるホールド機能もついてるはずなのに止まらない。
重さがなくなったら(ジャンプして何処かへ行ったら)表示は消える…。
少しでも力が加わると数値が変わってそこでアウトー!
はっきりいってそこまで良いものではありません。
製品には書いてないけど調べてみたらやはりというか、Made in Chinaでした。


光さんを乗せる導くのに一苦労…。
クッションを引いて抱えてどうにかこうにか収まってもらえました。
たいじゅうけい57.41kg
大きいかと思ったけどちょうどよかった。すっぽり。


ひと撫でする力でも数値が変わるので安定させるのがとにかく大変。
これで$45というのは高い、けどそれでも他より安かったんです…ううう。
……使えないことはないので暫くはこれで頑張ります。
日本に帰ったらタニタのを買うんだ……。


ね、光さん?
たいじゅうけい6
そろそろ降りてもいいかしら。
web拍手 by FC2
2012年03月04日 (日) | みゃあ |
光さんの現在の体重、7.4kg前後。
この変わり様…あなたは誰ですか。
くらべっこ5←大昔2006年
くらべっこ6←昔2008年
そして現在2012年
でぶにゃん1おしりと首周りとか

抱っこするとおなかはむちむちぱつぱつです。
でぶにゃん2でろでろーん
こんなに体重が増えた1番の原因は……希ちゃん。
子猫用のカロリー高いごはんを盗み食いしまれば太ります。
しかも最近は自宅警備のお仕事をのんたんに任せて食っちゃ寝の生活…。
でぶにゃん5つぶれたおもち

おでぶちゃんな姿は可愛いけれど、臓器に負担がかかりまくり。
そのうえ糖尿病をはじめ腎不全など各種病気の可能性も増えてくる。
長時間のお膝抱っこも拷問。
このままじゃダメだと、きっちり体重とごはんの量を計って猫ダイエットすることにしました。

減量の目安は1週間に現体重の1~1.5%。
7.4kgだと7.3kgに、100gずつぐらいのゆっくりペース。
必要カロリーの参考は獣医師広報板(http://www.vets.ne.jp/cal/pc/cat.html)
猫の体重を記入したら1日に必要なカロリーが提示されます。
ごはんのカロリーが分かっていたら給与量目安も出てくるので便利。
しかし「肥満傾向のある猫」「減量の必要な猫」のふたつに注意。
サイエンス・ダイエットを販売しているヒルズを元に計算してあるこのカロリー計算、
体重7.4kgを記入し違いを見てみると…その差、20g。
 ・肥満傾向→1日314kcalで98g
 ・減量必要→1日251kcalで78g
手持ちにあるライト(318kcal/100g)のパッケージをみると…
でぶにゃん6でぶにゃん7
目安として表記している量は「肥満傾向のある猫」用だということが判明。「減量」ではない。
パッケージに書いてる量は多すぎると聞いていたけど……太りもします。
でぶにゃん8もぐもぐ妖怪毛玉

ついでにごはんもローテーションしていこうと思い立ちロイヤルカナンのライトを購入。
でぶにゃん9ぴゃーー
でぶにゃん10色んな言語
しかしロイヤルカナンはカロリーがパッケージに載ってない…それでいいのか。
仕方ないのでホームページでチェック、するとカロリーが2種類。ここのライトの列。
一応カロリーが大きい実測値(3545kcal/1kg)の方で計算。
これもパッケージに書いてある通り「肥満傾向」用のごはん。
標準給与量目安(これも多すぎ)は無視してカロリーから計算して分量を決めます。

炭水化物対策にウェットフードも週1程度であげる予定。
ドライフードには保存や形成の関係でとうもろこしなんかが必ず入っているので。
でぶにゃん11ちょっと安売りしてた

昔はウェットフードは歯垢がつきやすいと敬遠されてきたけれど
今はむしろウェットフード!!な風潮が大きいようです(アメリカの猫フォーラム調べ)
ヨーロッパ系はドライもウェットも色々混ぜてというのが主流なのかな?
あとはやっぱり手作り派…しかしこれは栄養バランスが不安だし細菌などが怖い…。
そこででてくるのは高級ごはん。
オーストラリアには俗にいう「プレミアムフード」を取り扱っているお店は極端に少ないです。
イノーバやニュートロが行く所に行けばちょこっと置いてあるくらい。高い。
せいぜいサイエンス・ダイエットやロイヤルカナンがいいところ。
まぁ、どんなごはんをあげるかっていうのは飼い主の自己満足が入ってくるわけで。
何を食べても長生きする子はするし、健康に育つ。
猫が美味しく食べてくれるのが一番……と思いつつちょっと良いものを買ってしまう。
リンとマグネシウムと塩分は低いものをあげたい。
なんにしろ食べ過ぎはダメ、絶対!





体重管理はエクセルで、グラフもつけて
ごはんの分量も二種類混合でもいいように計算式も投入。
でぶにゃん12(クリックで拡大)
体重の移り変わりは安定せずにガタガタです…一応計る時間は決めてるけど難しい。
しかも人間用の体重計で抱っこして計ってというやり方。
これだと表示も誤差も100g単位。痩せたいのも100g単位。
もっと精密に計ろうと赤ちゃん用の体重計を買ったんだけれど、商品がまだ届いてません…。


ごはんはサイエンス・ダイエットとロイヤルカナンの2種類混ぜ。
それぞれの重さを計って空き容器(ジャムが入ってた)に1日分を保管。
時間は決めずに催促された時に少しずつこまめにあげます。
でぶにゃん13買って良かった日本のタニタ
でぶにゃん14カリカリ
黄土色がサイエンス・ダイエットで茶色いのがロイヤルカナンです。
でぶにゃん15二匹分
でぶにゃん16もふっ
希ちゃんの分と間違わないように蓋に目印。

ちなみに希ちゃんの体重は3.6kg前後。
光さんの半分。大きさ比較するとこんな感じ。
でぶにゃん3はみ出てます
でぶにゃん4余裕ですっぽり
日本の推奨アビシニアン体重よりも重いらしい。海外基準だと普通?
光さんの減量に協力してもらうべくのんたんもごはんはライト。
こちらは今のところ健康な避妊された猫用のカロリーを目安に計量。
食べ過ぎることはなく、どちらかというと1日で消費しきれてないくらいの量。
肥満傾向の分量でもいいかもしれない。

のんたんはブリーダーさんの所にいた時はロイヤルカナンで育っていたからか
サイエンス・ダイエットと混ぜても最初にロイカナを食べます。
さっさとロイカナを食べた後は光さんのお皿に顔を突っ込んでロイカナだけを強奪逃走。
そして促されて残したサイエンス・ダイエットをちまちま食べるという…。
光さんも好きなのにね……あ、減量のお手伝いか!
でぶにゃん17時々仲良し?
そのうちロイカナに完全移行するから待ってー。


あとは運動も大切、ということで猫タワー計画も発動。
でぶにゃん18…設計図詳細は次回。

それまでは光さんと希ちゃんで運動をしてもらいましょう。
でぶにゃん19ライト級vsヘビー級
でぶにゃん20ぴゃーんち!




猫ダイエットは長期な戦いだけれどもがっつり厳しくやっていきます。
うにゃうなうなーと鳴かれても耳をふさぐという、かーちゃんの忍耐も試される…。
でぶにゃん21
……ごはんはまだかしら。
web拍手 by FC2
2011年10月06日 (木) | みゃあ |
ながらくお待たせを……希ちゃんの避妊手術はすったもんだで大波乱でした…。
以下、流れを箇条書き。一部手術痕の写真など注意。

8月30日(火)手術施行
 朝一の夕方日帰り。帰ってきたその日から呼吸に異音が…。
 麻酔のちょっとした後遺症かと次の日も様子見で、治らず。
 しゅじゅちゅ1エリマキ宇宙人登場
 しゅじゅちゅ2ハゲっ子

9月1日(木)早朝に電話、獣医さんへ
 麻酔をかける際に使ったチューブで喉に炎症が起こってるとのこと。
 (マスクじゃなくて直接チューブで麻酔導入。
 喉の構造上、マスクだと完全に導入出来ないと説明された)
 ステロイド(錠剤)と抗生物質(塗り薬)を処方される。
 ちなみに以前の光さんと全く同じ薬です。これくらいしかないんだろうなー。
 しゅじゅちゅ3…ちょっと荒い
 しゅじゅちゅ4エリマキでも、ごはん

9月3日(土)朝、獣医さん
 呼吸音は治らず、水を飲む時にむせたり咳をしたり。
 本猫は元気。薬は続行。
 しゅじゅちゅ5ぴゃ?
 しゅじゅちゅ6私の出番ココだけ?
 しゅじゅちゅ7おじぞーさん
 しゅじゅちゅ8一部赤い
 しゅじゅちゅ9おひざぴゃー

9月7日(水)朝、獣医さん
 まだ呼吸音がちょっと変で再びチェック。
 獣医さんに行く朝、おなかが異様に膨らんでいることに気づく。
 これはやばいんじゃないかとレントゲンをするためにそのまま預け。
 内側の縫い口が破れて内蔵がズレ?膀胱の位置が落ちてきていること判明。
 膨らんでいたおなかは膀胱の重さ。見せてもらったレントゲンにばっちり写ってました。
 同じ箇所の再開腹手術決定。
 ちなみに再び麻酔、チューブは一番小さいのでするから~と言われ……はい。
 避妊手術をした人とは別の人を、とお願い。一泊して8日夕方にお出迎え。
 しゅじゅちゅ10ちかれた…

9月10日(土)夜
 のんたんが寝ていた枕元がイキナリぐっしょり濡れてびっくり。
 (一緒に寝てたので濡れた感触に飛び起きた)
 最初はおねしょかと思ったけど匂いもせず血が混じってる液体。
 のんたんの傷口から。後にseroma(漿液?)と判明。
 本猫はいたって元気だし日曜日は獣医さんお休みなので様子見。
 しゅじゅちゅ11体液は中央の赤いところから
 しゅじゅちゅ12げんきー
 しゅじゅちゅ13ねむきー

9月12日(月)獣医さん
 傷口から血混じりの体液がぽたぽたぽたぽた止まらず。
 寝てる時は普通、動いてる時だけ。
 体液のせいでちょっとおなかがぽっこり。
 一週間程獣医さんのところへ入院することに。
 しゅじゅちゅ14スカート
 しゅじゅちゅ15生々しく…

入院中は毎日獣医さんに通って30分くらいのんたんわしょわしょ。
ケージおとなりのペッパー君(もふもふ)はダニ寄生による神経麻痺で入院中。
点滴打ってぐったりしてたけど金曜日はちょっと元気になってていい子でした。
のんたんはケージで色々暴れるらしくおさるさんと言われ…。
一人が嫌いだからだと思われる。

9月17日(土)獣医さん
 日曜日はお休みなので引取りに。この日に漸く抜糸。
 傷口の経過は良好。体液が出てきた箇所はまだ赤くて生々しい。
 しゅじゅちゅ16舐めちゃだめー
 しゅじゅちゅ17ねむぴゃー

9月19日(月)獣医さん
 週末明けて傷口チェック。問題なし。
 家でなるべく大人しくさせながら経過をみることに。
 しゅじゅちゅ18エリマキん子

9月23日(金)獣医さん
 一応、最終チェック。
 経過は良好で漸くエリマキ解除。のんたん自由!
 前後は綺麗になってるけど一部だけハゲになりそうな予感…。
 しゅじゅちゅ19おへそ
10月1日には結構きれいに。
 しゅじゅちゅ20まだちょっと赤い


+++++++++++++++++++++++++++++++

今はもうすっかり元気でおもちゃを運んだりいたずらしまくりです。
色々あった間も希ちゃんはごはんを食べて水を飲んで~と元気に過ごしてたのがなにより。

もうここの獣医さんには行きません。
すごい近所で便利だったんだけど…不信感が出ちゃったので。
まず、避妊手術の傷口が大きすぎる。その長さ7-8cm。
こんなに大きく切らなかったらここまでの大事にはならなかったはず、と私は思ってしまう。
喉の炎症も首にある不必要な剃り跡も乱暴に扱われた結果じゃないかと。
麻酔後に同じ症状を出した犬がいるらしいし…信用出来る所に行きたい。

ちなみにseromaというのは手術の際に拒否反応起こしてして体液が溜まる症状。
猫にはなぜか起きやすいらしい。
……ぐぐっても症例はそんなに出て来ませんが…起きやすいらしいです。


何はともあれ、無事に治ってよかった!
web拍手 by FC2